スクールを探す

CLOSE

英語とプログラミングをアプリで遊びながら学んでみよう!

2016年4月12日

遊びの感覚で取り組んで将来に繋がる習い事

子どもにとっては、何気ない時間であっても、その積み重ねが将来に繋がることもあります。本人が自覚していなくても、何か習い事をさせることで、大きくなってから役に立つことも多いことでしょう。
特に、英会話やプログラミングなど、子どものうちは、勉強と思わないで、遊びの感覚で取り組むこともできるでしょうから、少しでも興味があるようなら、習い事としてはじめてみるのも良いかもしれません。

幼いころから英語に触れ、口の動きや舌の位置を視覚的に理解する

英会話は、子どものうちは、発音などに対しても先入観を持たずに受け入れることができますし、幼児であれば、英語特有の発音の違いも理解する能力があるため、英語で歌を歌ったり遊びの中で英会話に触れるような幼児クラスなどを探して、早い時期にはじめるのも良いでしょう。
しかし、親の考え方によって、はじめる時期については、様々な意見があるのも事実なようです。幼いころに習いはじめると、日本語の習得が遅くなるという意見もあるのかもしれませんが、週に一度程度の英会話であれば、そのような不安は感じなくてもよさそうです。
それよりも、日本語にない発音に親しむことによって、脳もより活性化して、柔軟に対応できるようになることでしょう。もし、幼児の時期を過ぎてしまってから、英会話を習わせたいと思う場合には、子どもはすでに、日本語やカタカナを理解しているために、英語の発音を無意識のうちに、頭の中で日本語に変換してしまうようになる傾向があるため、どうしても幼児期のような、聞いたままの発音を話すということにはつながらないかもしれません。
しかし、口の動きや舌の位置を視覚的に理解していくことで、正しい発音を身に着けることは可能です。
完璧な発音を求めなくても、英語という言語を使って、世界中の人と交流するための手段として学ぶのであれば、子どものうちから英会話をはじめることのメリットはたくさんあるといって良いでしょう。

理系を目指すならプログラミング

また、最近、人気の習い事としてあげられるのが、プログラミングといえます。
現代はコンピューターのシステムによって成り立っている部分が非常に大きいので、今後も、そのような専門知識は必要といえるでしょう。普段からパソコンのゲームに夢中になっているようであれば、単にゲームをするだけでなく、専門知識を身に着けるきっかけにもなるような方法を選びたいものです。
子どものうちには、本格的なプログラミングは難しいですが、ブロックを組み立てるような感覚で取り組むことができる、子ども向けのプログラミングスクールがパソコン教室などで開催されています。数字や理系が得意なお子さんを目指すなら、プログラミングはおすすめの分野です。

アプリで遊びながら学びに触れよう

今は本格的な学習アプリだけではなくクイズやパズル感覚で遊べるラーニングアプリがアプリが続々とリリースされてています。
特に英語を始めとした語学や理系のアプリは多くあり、遊んでいるうちにロジカルな思考が養われていったり、歌っているうちに本確定な発音を身につける事ができたり、勉強しているつもりがなくても気づかぬうちに「楽しさ」を見いだせる良質なアプリが無料でもたくさんあります。
アプリで遊んでいるうちに、もっと深く体験したいという段階になったらスクールに通う…というステップもいいと思います。
個々の個性や特性によって合う・合わないなどあると思いますので、ぜひ色々試してみて下さい。

人気記事

Top