スクールを探す

CLOSE

【公文の体験談】年上からの刺激をもらい、自分に自信を持つようになった

2016年2月11日

【公文の体験談】年上からの刺激をもらい、自分に自信を持つようになった

公文の体験談/女の子/4歳

引っ越し先で、ちょうど近所で公文の教室を発見。たくさんの幼稚園児たちが出入りをしているのを見て通う事に。

毎月の月謝や経費などはどのくらいですか?

ひと月の月謝は12000円ぐらい(国語、算数)

その教室を選んだ理由、決め手は何ですか?

とにかく小さなお子さんがひっきりなしに通っているのを見て、自宅からもわずか数秒だし先生のお人柄もとても良さそうだったのが決め手となりました。

習い事を始めてどのような効果がありましたか?

公文を始める前は集中力があまりなく、すぐに物事を諦めてしまったり、始めたことを最後までやりきることが苦手な子供でしたが、公文を始めてからは、集中力に驚くほど変化がでてきました。
また、勉強することの楽しさ、できることの楽しさを味わえたので、自分一人で絵本や写真図鑑などを見て楽しむことができるようになったりと、かなり成長したような感じを受けました。

その習い事のおすすめのポイントは何ですか?またその理由もお聞かせ下さい

同年代の子供たちだけでなく、年上のお兄ちゃん、お姉ちゃんたちと一緒に教室で公文の問題に取り組むことで、学習面において良い意味での競争心などを養うことができたり、年上からの刺激をもらうことができるという点が素晴らしいと思います。

ちょっと大変だったことはありますか?

新しい単元やレベルに上がると、なかなか内容がつかめず、つまづいてしまうことがありました。
その時には、自分ができないことへのイライラから癇癪を起こしたりして泣き叫んだりすることがあり、一時期は大変な時期がありました。

その習い事について、お子さんはどのように言っていますか?

公文は生活の一部となっているようで、友達にも会えて楽しいから毎日でも行きたいと言っています。

習い事を始めようと考えている親御さんへ

公文はお子さんによって、当たり外れがある習い事ではあると思いますが、一度体験してみてお子さんに合っているようでしたらぜひ小学校卒業前ぐらいまでは続けさせてあげてほしいと思います。
公文の最大のメリットは先取りで基礎学力がつくだけでなく、子供が自分に自信を持ってくれるようになることだと思います。

人気記事

Top